MESSAGE

代表メッセージ

価値観と理念を共有し、信頼しあえることで実現した
「自立連帯型」による多角化経営

スガナミ物産グループ
代表取締役CEO

三上 誠司

広島県福山市出身。早稲田大学理工学部卒業後、大日本印刷株式会社へ入社。 退職後、1988年4月スガナミ物産株式会社に入社。1999年4月に同社代表取締役に就任。

スガナミ物産グループ経営理念
をつないで
しあわせをつくる」

私は、企業の目的は「仕事を通じてかかわる人たちを幸せにする」ことであると信じています。それは、お客様、メーカー、金融機関、様々なサービスや情報を提供いただく方、そして私たちグループ社員と家族みんなが幸せになるということに他なりません。企業にとって売上や利益はもちろん大切ですが、それらは幸せになるための手段に過ぎません。また、事業というのは「何をやるか」より「誰とやるか」の方が大切だと考えています。価値観を共有し、共感しあえる仲間と行う仕事であれば、どんな分野で何をしても失敗はないと私は思います。スガナミ物産グループの経営は、「自立連帯型」による多角化経営です。価値観と理念を共有することで信頼しあえるそれぞれの会社の社長が、自立して手腕をふるいつつ、互いに刺激し助け合いながら独自の経営を行っています。目先の売上や利益ではなく、会社に関わる人の幸せを実現する、そんな共通の考え方のもとにスガナミ物産グループは今後も進み続けます。

グループ経営理念を体現して経営に取り組んでいます

スガナミ物産グループ
スガナミ製作所 代表取締役社長

髙田 隆志

岡山県笠岡市出身。興譲館高等学校商業科卒業後、1982年福山菅波物産株式会社(現在のスガナミ物産株式会社)へ入社。2005年スガナミ製作所の社長に就任。現在、スガナミ物産株式会社役 員、菅波(上海)商貿有限公司執行董事総経理を兼務。

私は高校時代、陸上部に所属していました。家庭の事情もあって高校卒業後すぐに就職した先が、スガナミ物産でした。当時は高度成長期で、体育会系の私はがむしゃらに営業活動に打ち込み、売上げや利益の獲得に成果を上げていましたが、一方ではこのままの人生で良いのか自問自答もしていました。2000年頃からスガナミ物産グループは明確な価値観と理念を掲げました。それまで稼ぐことだけに集中していましたが、家族を持つようになり、社内での責任も大きくなっていた私にとっては、非常に納得できるものでした。「自分のためだけに頑張っても幸せを得られるものではない」ということが実感として分かったのです。そこで自分の考えと行動を軌道修正し、自立連帯型経営の一翼として2005年にスガナミ製作所の社長に就任し現在に至ります。 私が代表取締役社長をつとめるスガナミ製作所は独自の品質マネジメントシステム「スガナミ管理基準」を構築し業務の標準化を進めていますが、これらも全てお客様が、私たちが、関わる全ての人が幸せになってほしいという願いからです。

経営理念の基で仕事に打ち込み大きな責任を任されています

スガナミ物産グループ
株式会社日伸 代表取締役社長

日野 大輔

広島県福山市出身。1992年3月 広島県立福山工業高等学校電気科卒業後スガナミ物産株式会社に入社。2017年3月 株式会社日伸の代表取締役に就任。

高校卒業後にスガナミ物産へ入社、最初は機械設計科に配属され、その後2年間の工場管理・外注管理、営業部部長としてもグループに貢献してきました。私は元来、人と交流することが好きですが、人間関係の構築には「気遣い・配慮・感謝の気持ち」が大切であると思っており、スガナミ物産グループの価値観と理念は、そんな私の想いと強くリンクしていると感じます。そして経営理念を体現する身近な先輩(髙田隆志:スガナミ製作所代表取締役)が関連会社の代表に就任したことは刺激になりましたし、まさしく自立連帯型経営を実践していることを目の当たりにしました。その後、グループの経営方針を意識して仕事に取り組んだ結果、2017年には私自身もグループ会社である株式会社日伸の代表取締役に任命されました。高校を卒業した時には経営者の道は考えもしなかったことでしたが、周囲の方々の支えもあり重責を担う事ができているのだと実感する毎日です。